2024年K-POP私的お薦めアルバムBest 10(進行中)

はじめに

 

先に「2023年K-POP私的お薦めアルバムBest 10」をアップしましたが、同じように2024年ヴァージョンも作ってみましょう。最終的には2025年1月に完成する予定ですが、それまでは、候補が登場するたびに加除修正していきます。

 

2023年版と同様に、下記の方針で作っていきます。

(1) 女性グループのアルバムに限ります。

(2) アルバムの画像をクリックすると amazon music にアップされている当該アルバムに飛びます。

(3) MVは原則としてタイトル曲1つだけを挙げます(例外もあります)。

(4) 2024年中に複数のアルバムを出しているグループについては1つに絞り込みます。

(5) 普段はクラシックとヘヴィ・メタルしか聴いていないミドル・エイジが選んでおりますので、偏っています。

 


暫定1位 (G)I-DLE: 2

  • 個性が際立つ声の饗宴。今作ではウギ氏の低域コントロール力が増したように感じられ、そのため全員の声がかつてないほどバランスよく並ぶ。バラエティに富んだ良質の曲が楽しめる傑作。あいかわらずアナログライクな太い音が心地よい。

MV: Super Lady


暫定2位 PURPLE KISS: BXX

  • この世代の中では最も歌唱力が高いと思われるグループの良作。オート・チューンによる音程補正等がほとんどなされていないと感じられるナチュラルな声。聴いていて安らぎをおぼえる。一聴しただけだと比較的地味な曲が並んでいるように感じられるかもしれないが、繰り返し聞くほどにじわりとその良さが心にしみ込んでいく(実際、10回ほど聴いた後に順位を上げた)。
  • さまざまな技術を駆使した繊細な歌唱を存分に味わうために、EDMライクな音作り(特に強烈な重低音や、ヴォーカルと音域がかぶるスネア)は控えてほしいのだが、ここの製作スタッフたちはなかなかやめてくれない。今作のタイトル曲 'BBB' についても残念ながら同じ問題を指摘しなければならない。もっとも、生ベースを用いた 'TOY BOY', 'Heart Attack', 'Voyager' の低音バランスはかなりナチュラルで、特に 'Heart Attack' はスネアも低い音域にしておりヴォーカルを全く邪魔しておらず、出色の出来。ぜひ、今後はこの方向でのアレンジおよびミキシングをデフォルトとしていただくよう切に望む。
  • 正式のMVの下に、メインのヴォーカル3人(左からチェイン氏、ゴウン氏、スアン氏)による生バンド版の'BBB'と'Voyager'を貼っておく。音楽的にはこちらの演奏のほうが断然好きです。

MV: BBB


暫定3位 NMIXX: Fe3O4: BREAK

  • (感想は後日)

MV: Soñar


暫定4位 ITZY: BORN TO BE

  • (感想は後日)

MV: BORN TO BE


暫定5位 ICHILLIN': Feelin' Hot

  • (感想は後日)

MV: BITE ME


迷い中 Unis: WE UNIS

  • サバイバル・オーディションにて勝ち残った方たちだけあって、とてもうまい。特に、ファルセットの声が弱くならず、通常の声からシームレスに移行するのは素晴らしい(コンプレッサーで補正している可能性も感じられるが、微調整のレベル)。
  • ランクインを迷う理由は、音楽そのものではなく、みなさんの年齢にある。成人しているのは1人だけで、他のみなさんは中学生か高校生。職業柄、ちゃんと勉強しているのか心配になってしまい、音楽に集中できない。この心理的障壁をつき破るほどに本アルバムを好きになったなら、ランクインさせていただきます。
  • 'SUPERWOMAN' がタイトル曲なのだが、個人的にはロック/パンクの要素が強い'Dopamine'のほうが好きなので、ここに貼り付けるMVもそちらにする。
  • MVの下に、最年少(中学生!)であるソウォン氏が正体を隠して歌った番組を付けておく。これを見ると、人を暖かい笑顔に自然とさせる類まれな声を持っていること、そして、大人たちが居住まいをただすほどしっかりと語る力があることがわかる。UNISのデビューアルバムの収録曲は、決して悪くはないが、この声を存分に活かしきるものでないことも確か。次回作に期待しましょう。

MV: Dopamine


迷い中 BABYMONSTER: BABYMONS7ER

  • UNISと同じくとてもうまいし、ハードなヒップホップから本格バラード風まで多彩な曲が絶妙のバランスで並び、アルバムとしての完成度は高い。ただ、UNISと同じく成人しているのは1人だけなため、職業柄、ちゃんと勉強しているのか心配になってしまい、音楽に集中できない。この心理的障壁をつき破るほどに本アルバムを好きになったなら、ランクインさせていただきます。
  • MVの下にバンドアレンジ版を貼っておいた。いや、このアレンジ、まじ、かっこいいすね。

MV: SHEESH


シングルですが・・・ KISS OF LIFE: Midas Touch

  • 私のイチオシKISS OF LIFEのシングル。2曲収録。4曲以上入っているアルバムしかランキングの対象としていないが、あまりに素晴らしいので、しばらく掲げておく。この2曲も含めたフルアルバムを切望しています。
  • タイトル曲は、一部の例外を除き、使用する音をほぼ中域に限定する代わりに、技術を駆使してセクシーさを強調する歌を奏でる。ハヌル氏の成長著しく、4人の技術上の凸凹がかなりなくなっていて素晴らしい。
  • 2曲目のバラード(全て英語歌詞)は、対照的に失恋の曲。特に声域を限定することなく、低域からベル氏の超高域まで完璧にコントロールして切々と歌い上げていく。英語圏での生活が長いメンバーが2人いるせいか、英語歌詞の表現が自然。こちらをタイトル曲にしてもよいのでは?

MV: Midas Touch


MVだけですが・・・ SPIA: Daddy's Little Girl

  • SPIAというグループがデビューしたようだ。YouTubeがオススメしてきたので存在を知ったが、なかなか良い曲と演奏だと思う。4曲以上入っているアルバムしかランキングの対象としていないが、このままだと存在すら気づかれずに終わってしまいそうな予感をおぼえるので、しばらく掲げておく。

MV: Daddy's Little Girl