1章 起訴前手続①:捜査総説 4-21p

Ⅳ 強制処分法定主義詳説

【008】「強制の処分」の解釈 10p

【009】判例の判断枠組①:総論 12p

【010】判例の判断枠組②:行動の自由や黙秘権を侵害する処分 12p

【011】判例の判断枠組③:プライバシー等を侵害する処分 13p

【012】おとり捜査、コントロールド・デリバリー 14p

ダウンロード
これだけは!
008,009,010,011,012.pdf
PDFファイル 272.8 KB

正誤問題 徹底反復!

文献・学修ガイド

  • 争点:21,33,37
  • リーディングス:なし
  • 「強制の処分」の解釈論に関する最新の動向に注目しておこう。宇藤崇「強制処分の法定とその意義について」研修733号(2009年)3頁、松田岳士『刑事手続の基本問題』(成文堂、2010年)第4章、斎藤司「強制処分概念と任意捜査の限界に関する再検討」川崎英明=白取祐司『刑事訴訟法理論の探究』(日本評論社、2015年)19頁、稲谷龍彦『刑事手続におけるプライバシー保護』(弘文堂、2017年)などがある。
  • 判学にはGPS捜査に関する最高裁判決が掲載されていない。判例評釈が続々出ているが、入手しやすいのは刑事訴訟法判例百選[第10版]の64頁(井上正仁執筆)か。初学者には長すぎる気もするが。また、文字が小さくかつ詰め詰めなので、眼の調子が良くない私なぞは拡大コピーしないと読めないが。

このレクチャー動画を用いた授業の例(YouTube)

 

◎國學院大學法学部2017年度入学生までのカリキュラム

  *刑訴&(専)刑訴は通年4単位・2-4年生、刑訴2は前期2単位・3-4年生